毛糸だま2015年秋号にダーニングコラムを執筆しました

好評発売中 毛糸だま 2015年秋号 No.167
HIKARU NOGUCHIが勧めている装飾かけはぎ技法 ダーニングと用具であるダーニングマッシュルームについての特集(p.79)が掲載されています。

毛糸だま誌はニット作品やレシピ誌面のデザインが洗練されていることや、手編み専門誌ながらも、針仕事好きの気持ちを萌えたたす幅広い独自の取材記事やコラムが満載されているため、日本だけではなく、イギリスやアメリカのニットデザイナー仲間達からも指示されているのも納得できます。

毛糸だま誌のメールショッピングサイトでは HIKARU NOGUCHIオリジナルのダーニングマッシュルームの販売もあります。またHIKARU NOGUCHIオリジナルダーニングマッシュルームや英国製のダーニングマッシュルームはCREEMAのサイトで販売しています。

*手作りタウン ショッピングストア
HIKARU NOGUCHIオリジナルのダーニングマッシュルームの購入画面

*CREEMA
・HIKARU NOGUCHIオリジナルダーニングマッシュルーム
・英国製のダーニングマッシュルームの購入サイト

毛糸だま2015年秋号のご購入はこちら↓
本の表紙をクリックすると購入画面を開きます
2015_autum_kedama

ダーニング マッシュルーム DARNING MUSHROOM FOR SALE

昨年の商品のお問い合わせナンバーワンだったダーニング マッシュルーム
手作り派に人気のあるCreemaオンラインショップサイトにてHIKARU NOGUCHIオリジナルのダーニング マッシュルームの販売が始まりました。

ダーニングとは衣類の虫食い穴や引っ掛け穴にシミを補修する針仕事の一つ。
スティッチを強調するように色毛糸でかわいらしく補修するのが『装飾ダーニングです。そんな装飾ダーニング補修に欠かせない用具がダーニングマッシュルームです。
セーターはもちろん、靴下、デニム、お子さんのズボンの膝などの補修にも応用できます。
程よい硬さの木肌が布をしっかりと支え、使うほどに手になじむ握りやすい持ち手の底にはHIKARU NOGUCHIのトレードマークの羊の焼印があります。大きな穴のダーニングにはマッシュルームの傘の部分を、手袋の指などの小さな穴のダーニングには持ち手の底が使えるように設計されたHIKARU NOGUCHIオリジナルの商品です。
ダーニングマッシュルームには写真入りの丁寧な説明書がついてきます。装飾ダーニングは編み物ができない方でも、針仕事がお好きな方なら、数回練習してコツをつかめば、思いどうりのダーニングができる様になります。あえてカラフルな色毛糸を使うことで、針目が崩れていても、それが愛らしい魅力的な表情になるのが装飾ダーニングの嬉しいところです。

HIKARU NOGUCHIオリジナル ダーニングマッシュルームには、
色毛糸の束(約50cmのものが10本)ダーニングの基本技術の説明書がついてきます。
サイズ:傘部分の直径 約7cm 全体の長さ 約12cm
素材:木材(ビーチ)
丁寧なつくりが自慢の日本製
ぜひお試しくださいね。

darning