AW2014-15 hikaru noguchi collection

AW2014-15 hikaru noguchi collection – very special knitted accessories. Ties,
Scarves, Shawls, Snoods, Hats and Gloves designed for comfort and beauty

About tie collection………..
Hikaru’s 5th knitted tie collection has received an exceptionally positive
reaction from knitted tie fans all over the world.
The collection uses fresh fruity colours like Lemon Yellow, Cherry Red, Peach
Pink, Lime, Mint, and Satsuma Orange with navy, grey and chocolate.
The fresh colours are combined with simple designs to give a relaxed casual
look, which is underpinned by using the best quality wool and
uncompromising attention to detail and finish.

Show dates:
Paris Capsule Men’s 17-19 January 2014
http://capsuleshow.com/show/paris-mens-2014

New York Capsule Women’s 22-24 February 2014
http://capsuleshow.com/show/new-york-womens-2014

Tokyo (by appointment only) March and April 2014
www.studio-sympathique.co.jp

London Pulse Gift Fair 11-13 May 2014
http://www.pulse-london.com/show-sectors/gift/

all enqurieies: hikarunoguchi@gmail.com    www.hikarunoguchi.com

New season for new ideas,,,,,

I am in the Midlands and Scotland this week visiting my manufacturers who have been knitting my products for over 15 years.  I am surrounded  by a pile of materials, yarn and machines, which is the best  environment in which to concentrate on developing new designs.
Anyway, there are bags of seconds here at the factory. Often there are  just small holes and minor damage, but I cannot sell them. I patch  them together to make blankets sometimes, but that’s not an easy job  either. What I can do with them? Let’s think,,,,

 

新しい商品の出荷がほぼ終わりました。やれやれ、、、と一息つく暇も無く、次の秋冬コレクションの準備が始まりました。今週は15年以上のお付き合いになるイギリスとスコットランドの工場を訪ねて、新しいデザインの打ち合わせをしています。様々なアイディアを、工場長や技術者達と一緒にあれこれ試作を重ねます。これはイメージのデザインを商品として実現させるために大切なプロセスです。

試作を待っている間に、修復が難しい傷商品や残り糸の量をチェックしたりします。傷がひどかったベイビーブランケットをダーニング(カケハギ)したり、縮絨しすぎたショールをつなげてブランケットを作りました。こうゆうひと時も大好きです。

 

Shetland Trip Diary

I go to Scotland regularly to visit my factories, but they are all in Southern Scotland, the Lowlands. This time, I flew from Edinburgh to Shetland which is beyond the Highlands of Scotland. Could we call it the Toplands??

I visited the factory of Jamieson of Shetland, which is one of the most famous producers of real Shetland woolen yarns made from 100% Shetland sheep’s wool. In their very compact factory space, there are yarn processing machines, dyeing facilities, spinning, weaving and knitting facilities.

When I design my fabrics, I always consider whether to use use solid colour or a melange colour. Solid colour yarn creates a solid colour like oil pastel drawing, but melange yarns are made from several different dyed fibres mixed together, which gives deep, complicated colours.

My visit to the Jamieson of Shetland’s factory was the first time I had seen how melange yarn was made, so I was really excited.

They make small balls which are suitable for knitting needing a lot of colours, like fair isle knitting. I also loved their old fashioned style fun colours which are very unique and not east to find these days.

今年は5年ぶりにシェットランド島の行ってまいりました。

シェットランド島というのはスコットランドの北端にある諸島郡のひとつ。地図で観ると、もうスコットランドというよりデンマークの南端というくらいスカンジナビアよりですね。
お天気の悪い日が多く、強風にさらされる島では樹木が成長しないため、島では木らしい木を見ることは出来ません。農作物もジャガイモが育つ程度。牧草地には食用、羊毛用の羊がのんびりすごしています。

この海域は昔から漁業が盛んで、シェットランド島の首都ラーリックの港は近隣国の漁船の中継地として栄えていました。島の多くの人たちが副業として、島で育つシェットランド種の羊の毛を紡いで編んだセーターやレースのショールは、港の市場で売られました。この多色使いが美しいニット製品はセーターの代名詞ともいえるフェアアイル模様のシェットランド羊毛100%の毛糸を作る老舗メーカー、ジェミソンズ オブ シェットランド社の工場を訪れました。

地元の牧場から届くシェットランド種の羊毛。まさに刈りたてほやほや。何万頭分の羊毛がトン単位で取引される、、という羊毛産業とは別世界。1頭1頭の羊の姿や牧場のオーナー氏の姿が見えるような、とても家内工業的なプロセスが素敵です。

敷地内には小規模ながら、製糸、染め、織り、機械編みができる施設が整っています。ここで編まれたセーターの大半は日本に輸出されます。
工場見学のお楽しみは敷設の工場ショップをのぞくこと。余剰品から試作品、B級品などがお買い得価格で売られています。

もちろんオリジナル毛糸も全種類、全色揃っていて、目移りします。私はここの毛糸の昭和っぽい素直な明るい発色が大好きです。
茶系、緑系の色が豊富なのも嬉しいです。

http://www.jamiesonsofshetland.co.uk/